WordPressをローカルにインストールする方法

wp-logo

WordPressは誰でも簡単にブログを始められるオープンソースのブログ/CMSプラットフォームで、自由にカスタマイズ出来る無料のテーマがたくさんあるので大変魅力的です。オリジナルテーマを制作するなら公開前に色々と試したりチェックしたいので、ローカル(自分のパソコン上)にサーバを構築し、テスト環境をつくり、そこにWordPressをインストールしたいと思います。

ローカルにサーバをインストールする

私はMAMPをインストールしたのでその方法を紹介します。

1. MAMPの設定方法

1-1 : MAMPをインストールする

MAMPダウンロード

MAMPのFREEバーションの方をダウンロードします。

MAMPダウンロード

「Download」をクリックしダウンロードが完了したら、アプリケーションフォルダへ移動させます。移動先にあるMAMPフォルダを開いて、MAMPを実行しましょう。コントロールパネルが開いたら、設定をしていきます。

MAMPコントールパネル

1-2 : ポートの設定

MAMPコントロールパネル

デフォルトのままだとドメインはMAMPのポート番号を指定した「http://localhost:8888/」となります。もっとシンプルなドメインにしたい場合はApacheとMySQLのポートを80と3306に設定し、ポート番号の指定を省略した「http://localhost/」へと変更できるので変更しちゃいましょう。

1-3 : Apache

MAMPコントロールパネル

ここでは、データの保存先を指定できます。デフォルトのままだと上記のようなルートになっていますが、ルート変更が可能なので好きな保存先を指定できます。

2. WordPressをインストールする方法

MAMPの設定が完了したので、次はWordPressをインストールするためのデータベースを作っていきます。

2-1 : データベースを作成する

MAMPコントロールパネル

「サーバを起動」をクリックし、スタートページを開きます。

MAMPようこそページ

続いて、「phpMyAdmin」をクリックし、データベースの管理画面を開きます。

phpMyAdminデータベース

「データベース」のタブをクリックし、データベースを作ります。

phpMyAdminデータベース

ここでは、「wordpress」とう名前でデータベースを作成したいと思います。分かりやすい任意の名前を入力し作成してください。「照合順序」は「utf8_general_ci」を選択し、最後に作成ボタンをクリックします。すると、wordpressという名前のデータベースが作成されました。

phpMyAdminデータベース

2-2 : WordPressをインストールする

WordPress

ダウンロードをクリックし、データを解凍してフォルダを開きます。MAMPの設定のところでApacheのルートを変更した場合は、その変更先へ。変更していない場合は「/Applications/MAMP/htdocs/」以下にフォルダを移動させます。

ファイルを移動させたら、ブラウザのアドレスバーに「http://localhost/」と入力すると以下の画面が開きます。(先ほど、ポートを変更しなかった場合は「http://localhost:8888/」と入力してください。)

WordPressインストール画面

Wordpressインストール画面

「データベース名」は先ほど作成した名前を入力します。「ユーザー名」と「パスワード」はMAMPのスタートページに記載されているものを入力すると上記のようになります。
「テーブル接頭辞」は1つのデータベースに複数のWordPressをインストールする時に変更が必要になってきますが、ここではデフォルトのままで結構です。

WordPressインストール画面

WordPressインストール画面

「ユーザー名」と「パスワード」はWordPressの管理画面にログインするために必要になります。全て入力が終わったら「WordPressをインストール」をクリックします。

WordPressインストール画面

WordPressログイン画面

先ほど登録した、ユーザー名とパスワードをここで入力すると管理画面へとログインできます。

WordPressダッシュボード


以上が、WordPressをローカルにインストールする方法でした。

Leave a Comment