WordPressのオリジナルテーマをアップロードする

いよいよWordPressをローカル環境から本番環境へアップロードする手順をまとめていきたいと思います。ローカルから本番へ移行する場合はURLも変わるので注意が必要です。

1. ローカルのデータベースをエクスポートする

ローカル環境にインストールしたMAMPのスタートページを開き、myPHPadminでデータベースを選択しエクスポートをします。

「wordpress」をいう名前でデータベースを作成していたので、データベースの中身を全て選択し、エクスポートを選択します。すると下記のページへ移動します。

screenshot-tablesxport

エクスポート方法は「詳細」を選択し、出力は「ファイルに保存」を選択します。ファイルの容量が大きい場合は圧縮が必要になるとは思いますが、今回は圧縮無しで問題なく出来たのでここではなしにしておきます。

scrennshot-tableexport2

生成オプションで上記の箇所にチェックを入れます。

screenshot-tableexport3

最後に「実行」をクリック。これで、SQLファイルがダウンロードされるので本番環境へインポートします。

2. データベースを本番の環境へインポートする

先ほど、ダウンロードしたSQLファイルを本番の環境へとインポートします。本番環境のWebサーバーコントロールパネルへログインをし、データベースを作成します。

screenshot-database

phpMyAdminを開いたら先ほどダウンロードしたSQLファイルをインポートします。

3. wp-config.phpの内容を置き換える

WordPressをダウンロードした時のファイル内にある「wp-config.php」というファイルの「データベース名」、「ユーザー名」、「パスワード」、「ホスト名」を本番環境のの情報に置き換えます。

screenshot-wpconfig

4. 本番環境へアップロードする

次は、全てのファイルを本番環境へアップロードします。

ここで注意したいのが、ローカル環境から本番環境へ移行する際、サイトのURLが変わるということです。

「シリアライズ」されているデータベース内のURLを単純に置き換えるだけでは、ウィジェットやプラグインが正しく動かなくなることもあるそうなので、シリアライズされたURLを変換してくれる「Search Replaced DB」というスクリプトを使用します。以下のサイトからダウンロードします。

サイトへ飛んだら以下のリンクからダウンロードします。

screenshot-searchreplaced

ZIPファイルを解凍すると、「searchreplaceb2.php」という名前のPHPファイルが現れるので、それをWordPressの「wp-config.php」と同じディレクトリにアップロードします。

アップロードが終わったら、 http://自分のドメイン/searchreplacedb2.php
としてファイルにアクセスすると下記の画面になるので「Submit」をクリック。

次に本番環境のデータベース情報が表示されるので間違いがないかを確認し「Submit」をクリック。

次の画面では、全てのテーブルが選択されていることを確認したら「Continue」をクリック。

次は、URLの最後にスラッシュ(/)を入れないように注意し、ローカル環境のURL(変更前)と本番環境のURL(変更後)を入力します。

最後に「Submit」をクリックしたら置換の完了です。

最後にファイルを削除します

今回使用した、「searchreplacedb2.php」というファイルは使用後は必ず削除してください。そのままにしておくと、データベースを置き換えられてしまう可能性もあるそうです。


以上が、本番環境へのアップロードとURLの置換方法でした。

Leave a Comment